今回のお題となる本は少年探偵団。
    名探偵コナンの江戸川コナンの名前の由来になった江戸川乱歩の作品ですね。
    いよいよ栞子の母・智恵子が登場。
    噂通りとんでもない人物で、江戸川の作品に登場しそうな神出鬼没ぶり。
    栞子との対決はつくのでしょうかね…。

    (あらすじ)篠川栞子(剛力彩芽)は、「古書に関する特別な相談がある」と連絡を受け、五浦大輔(AKIRA)とともに、来城慶子(高樹澪)が暮らす洋館にやってくる。車椅子の慶子に代わり栞子と大輔を迎えたのは妹・邦代(松田美由紀)で、案内された書庫は江戸川乱歩の古書コレクションで埋め尽くされていた。
      そのコレクションは昨年死去した慶子の夫のものだが、ある条件が解決されれば、売ってもよいと言う。その条件とは、洋館にある巨大な金庫の暗号を解くことだった。  栞子は、大輔、志田肇(高橋克実)、篠川文也(ジェシー)に金庫を開けるために必要なのは、鍵、四桁のダイヤル番号、暗証番号の3つだと言った。
     その後、栞子は大輔とともに井上太一郎(佐野史郎)が経営する「ヒトリ書房」を訪ねる。コレクションの中に、「ヒトリ書房」で購入したと思われる本があったためだ。栞子は、外出先から戻った井上に慶子を知っているかと尋ねた。店員の鹿山直美(横山めぐみ)は微かに反応したが、井上は知らないの一点張りだった。
      志田は、直美の存在が気になる大輔に、直美が以前にも「ヒトリ書房」で働いていたこと、父親の鹿山明(須永慶)は昨年のクリスマスに事故死した有名な政治学者だったことを話す。さらに藤波明生(鈴木浩介)が、鹿山が死に際に「1915」というダイイングメッセージを残していたと教えた。それを聞いた栞子は表情を変え…。 
    【ビブリア古書堂の事件手帖 第10話「江戸川乱歩・少年探偵団」】の続きを読む

    八重の弟・三郎の成長が描かれる回。
    長いスパンを描く大河だからこそのキャラの成長は見どころですね。
    一方で京での緊張がしだいに高まっていくのも描かれる。
    こちらは歴史的事件の裏幕で何があったかが見れて興味深いです。
      
    (あらすじ)容保(綾野剛)たちは都で長州軍の脅威にさらされていた。
    会津では、八重(綾瀬はるか)の弟・三郎(工藤阿須加)が、突然、都へ派遣される部隊に志願して権八(松重豊)から激怒される。
    そのころ、都では佐久間象山(奥田瑛二)が尊皇攘夷(じょうい)派のふてい浪士に暗殺され、覚馬(西島秀俊)は悲嘆する。そして、偵察により長州が容保の首を狙っていることを知った覚馬は、さらに怒りを募らせていく。



    【八重の桜 第11回「守護職を討て!」】の続きを読む

    今回も子と親の情のお話でジンと来ましたね。
    子役の加藤清史郎の演技も良かったです。
    実は重い設定がある子ゆえのベテラン子役の配役だったのですね(笑)
    手紙とかもう泣かせるアイテムとしか思えない(^^;

    (あらすじ))右京(水谷豊)が「花の里」へと向かうと、店の前で自らを「家出少女」と名乗る小学校低学年くらいの女の子と出会う。右京は享を呼び出し少女を自宅まで送ることに。少女は自宅マンション近くで降りると、いつの間にかオートロックで施錠されているマンションのエントランスの中へ。
     苦笑しながらマンションを出てふと見ると、右京はマンションの目の前にある不審な一軒家を見つける。近隣の聞き込みで江美子(左時枝)という卓球のコーチをしているしっかり者の老婆が一人で住んでいることがわかるが、しっかり者の老婆が鍵もかけずに外出するだろうか。
     そのころ、ある夫婦から12歳の誕生日を迎える息子の隼人(加藤清史郎)が家に戻らない、と交番に通報が入る。夫は財務省に勤務する官僚・鷲尾武弘(古川悦史)。12歳の誕生日にしては、派手なパーティーの準備がされていた。武弘・美鈴(古村比呂)夫妻から話を聞いた巡査たちは、12歳にもなってこんなに派手な誕生祝いをしてもらうような家庭なのだから、過保護が災いしたのでは、と陰口をたたく。
     一方、伊丹(川原和久)ら捜査一課は、強盗殺人容疑で指名手配されている大場(榊英雄)をかくまっていた恋人・咲子(中村真知子)の自宅へ。が、大場は咲子に追い出され、すでにどこかへと逃げた後だった。やけになって他人を巻き込むのではないか、と心配する咲子だったが…。
     老婆・江美子の失踪と、少年・隼人の行方不明、そして強盗殺人容疑者の逃走…。一見、無関係な3つの事件の関連とは? その不可思議な結末とは!?
    【相棒11 第18話「BIRTHDAY」】の続きを読む

    このページのトップヘ