攘夷運動とそれへの弾圧。
覚馬と八重たちも、大きなものを失うことになります。
現代人の目から見ると、攘夷派のやってることは完全にテロ。
幕府が強引な弾圧にでたのも分かりますね。


(あらすじ)うら(長谷川京子)が、覚馬(西島秀俊)の子を身ごもった。八重(綾瀬はるか)は佐久(風吹ジュン)とともに歓喜するが、その幸せもつかの間、覚馬夫婦を思わぬ悲劇が見舞う。江戸では、かつて八重や覚馬たちとも交流のあった吉田松陰(小栗旬)が、安政の大獄によって絶体絶命の局面に立たされる。そして、容保(綾野剛)と親交の深かった井伊直弼(榎木孝明)は、尊王攘夷派の怒りを買い、ついに暗殺される。




【八重の桜 第5回「松陰の遺言」】の続きを読む