マイヤーの最初のターゲットは野村。
人の弱ってる部分につけこむ手口が流石ですね。
人は幸せよりも苦しみを覚えている。
傷つけたことより  傷つけられたことを覚えている。
いったい過去にどんな傷を与えてしまったのでしょうか?


saki(あらすじ)サキ(仲間由紀恵)から「あなたのことをもっと知りたい」と好意をほのめかされた弁護士の野村(萩原聖人)は、サキのことが気になり始める。同性愛者の噂がある野村には、「祐樹」という人物から、「離婚したので連絡がほしい」という旨のメールが何度も届いていた。
苦悩を振り払うかのように、野村はついにサキの携帯に電話をかける。一方、サキから夕食を作ってあげたいと連絡を受けた隼人(三浦翔平)は、恋人の百合香(黒川芽以)との先約を反故にし、サキと夕食の約束をする。
病院では理事長の須藤(高嶋政伸)が、自分が親睦会に出席しないのを知ってサキが残念がる様子を見て、他の看護師とは違う好感を抱き始めていた。
翌日、サキと連絡がつかない野村は、意を決してサキに会いに行き食事に誘う。受け入れたサキは「断ち切れない恋を忘れる方法は新しい恋をすることだ」と思わせぶりに語り、酔った野村に、「今日野村さんの家に
泊まってもいいですか?」と問いかけて…。
 

  
祐樹から離婚したとメールされ悩む野村。  
サキの言葉を思い出す。
ルールや規則を重んじ生きるのは、タブーを犯してしまいそうで怖いから。

肉じゃがの味ですっかりサキを姉と信じた隼人。
姉との再会に自分の優先度が下がったと不満がる恋人の百合香。
なんとか説明して納得してもらいました。

理事長・須藤にも好感度をあげていくサキ。
抜け目ないですね(笑)

和繁の元を訪れワインを買い、1973年のヴィンテージを買いに来るとも予告。
店の会員にもなり、こちらでも印象をあげてくサキ。

隼人の家に肉じゃがを作りに行き
サキは姉弟であることは明かさないほうが良いと言い出す。
親戚で通そうって怪しいことを。


訪ねてきた百合香に、一人っこだと両親の愛を一人占めでるとチクリ。
そして帰った後、隼人と両親の写った写真を握りつぶす。
こわいです(^^;

電話しても出てくれなかったサキを待ち伏せしてた野村。
相談してくる野村にサキは答える。

断ち切れない恋を忘れる方法は、 新しい恋をすること。

そして野村の家に行き、酔わせて何をするのか(笑)
野村のゲイの相手って噂の裕樹の結婚式の写真がありますね。

そのままサキは既成事実があったって状態を作って翌朝に(^^;
酔って寝てしまった野村は完全に罠に落ちましたね。

野村の家を訪ねてきたのは裕樹の奥さん?
サキは野村の友人となのると、
彼女は野村康介の妹・祐樹と名乗る…

まんまと騙された(^^;
祐樹は妹だったんですね(笑) 見事な騙しシナリオです。
さて、サキはどうやって野村を破滅させるのか? 見物ですね!