ちゃくちゃくと次のターゲットに近づくサキ。
空調整備員の本田は職場で無能扱いされていて、サキの罠に簡単にかかりそうですね(笑)
野村の自殺がが腑に落ちない直美が真相に迫りそうですが…?
サキがそれを許さない気がしますね。



saki(あらすじ)野村(萩原聖人)の葬儀がとり行われる中、隼人(三浦翔平)と直美(内田有紀)は、野村のあまりに突然の死が腑に落ちないでいた。するとその夜、サキの自宅を訪れた隼人に、サキは「野村がなぜ死んでしまったか知っている」と切り出し、隼人を愕然とさせる。一方、空調整備員の本田(岡田義徳)は、サキと偶然再会。手袋を拾った本田にお礼を言うサキの屈託のない笑顔を見て、高揚感を覚える本田。本田は日頃、同僚から馬鹿にされ孤立していたのだった。 日曜日、手袋を取りに来たサキと再会した本田は、サキから「お礼がしたい」と食事に誘われ、胸が高鳴る。また、病院理事長の須藤(高嶋政伸)も、無意識に院内でサキの姿を探すようになっていた。そんな中、隼人は同僚の記者・岩城(石黒英雄)の取材資料の中に、かつてサキにつきまとっていた中川(姜暢雄)の写真を見つけ、中川が自殺していたことを知る。


被害者の心が壊れるスイッチを入れる。
上手い言い方ですね。

人心を操り悪用すればサキになり、上手く使えばメンタリストですね(笑)

いつも同じ時間に本屋に行きます。
何気ない言葉で、サキは本田の行動を動かします。

部屋の空調が壊れたから着てとまんまと呼び寄せたり。
本田は面白いようにサキの思うままに動かされてる(笑)

職場で孤立してる本田に声をかけてくれた人の良さそうな事務員。
先に声をかけてくれてれば、本田も助かったかもしれませんね。

隼人に対し先は野村の死の理由について、真相をまじえて話す。
野村が死んだのは妹の祐樹へ禁断の愛を悩んで。

この理由だと隼人も他に話さないし、上手い言い方です。
さらに兄弟愛なんて意識させるつもりもあるのかも?

理事長の須藤もサキの術中。
息子がいるが理事長は継がせないなんてことまでサキに話してしまうほど。
これも利用されそうですね。

和繁も今度ワインバーに行くって約束するサキ。
サキの約束を待って、和繁ももう罠の中ですね(笑)

手が壊れるスイッチ…。
誘導するのが上手くて、押された人間もスイッチを押されたことにすら気付かない。
スイッチを故意に押す人間  まさに悪魔。


サキにつきまとっていた中川も自殺していたと知った隼人。
短い期間で二人もサキのまわりで死人が。
隼人はサキを疑念を抱きますが…。

ようやくサキの犯行を疑うキャラが出てきましたが、間に合うんでしょうか。
狡猾なサキが相手では隼人では荷が重そうです(^^;