八重も結婚適齢期。 
まわりでは結婚話しが続きます。
八重の方は結婚より鉄砲です。 仕事や趣味を優先する現代人みたいですね。
そんな彼女を理解する相手が出来ればいいのですがね。


(あらすじ)八重(綾瀬はるか)の幼なじみ山川大蔵(玉山鉄二)の姉・二葉(市川実日子)が、藩の有望な家臣・梶原平馬(池内博之)に嫁ぐことが決まった。
江戸では勅命を携えた薩摩が、幕府に将軍の上洛(らく)を迫る。これを受けて幕府は、京都の治安維持にあたる京都守護職の選任に着手。
政事総裁職・松平春嶽(村上弘明)は、かねてから卓見で目をひいていた会津藩主・容保(綾野剛)に白羽の矢を立てる。要請を受けた容保は、固辞する。
 


薩摩の働きかけで朝廷から将軍の上洛を迫られる。
それで幕府は 京都の治安維持にあたる京都守護職を決めることに。
この役に会津藩主・容保に白羽の矢が立てられる。


しかし、京都守護職を受けることは会津藩には重い負担となるだけ。
結局は、容保も大君の儀から受けるしかなくなる。

会津を滅ぼす道だと異議を唱える西郷。
ここの演技は迫真ですね。
容保も理解していても、京都守護職を拝命するしかない悲運。


覚馬も、やっと得た長女を置いて京に行かなくてはならい。

動乱に巻き込まれていく会津。
幕府には逆らえない小国ゆえの悲劇ですね…。