荒ぶる京都警護に向かった会津藩の覚馬たち。
テロだらけの危ない国に派遣される軍隊そのものですね。
力で抑えるしかないのですが、そうすると恨みを買うという。
負の連鎖に巻き込まれいく…。


(あらすじ)八重(綾瀬はるか)や尚之助(長谷川博己)たちと暮らす会津を離れ、覚馬(西島秀俊)は容保(綾野剛)に追随して都へと旅立った。都は、攘夷(じょうい)を唱える不逞(ふてい)浪士たちによる天ちゅう騒ぎが相次ぎ、不穏な空気に覆われていた。安寧を祈る孝明天皇(市川染五郎)は、容保を気に入り自らの御衣を特別に授ける。期待に応えたい容保は、攘夷派の浪士の言い分にも耳を貸し、説得していくという融和策を採るが…。
 



会津から出立する男たちを見送る家族たち。
幕末の日本だと京都は遠い異国のように感じたことでしょうね。


藩士たちは三条大橋を渡りいよいよ京都へ。
新撰組ものなら、全日譚のエピソードって感じですね。

孝明天皇から容保は信任を得るが…。
尊皇攘夷を看板に討幕に動く不逞浪士たちの嵐が吹き荒れる。


厳しく取り締まるほとに、その恨みは会津に向かう。
損な役回りですね…。

そして次回はいよいよ 壬生浪士組登場。
会津側視点でどう描かれるのか気になりますね!