ようやくサキの復讐の動機が見え始めました。
ターゲットは母を殺した5人!
6年前のサキの母の死に関わった者たち。
唯一の血縁の死がサキを復讐に変えるスイッチを入れたのか。
  


saki(あらすじ)サキ(仲間由紀恵)から実の姉弟ではないと告げられ、「むしずが走る」とまで言い捨てられた隼人(三浦翔平)は、一時、ぼうぜん自失となるも、サキの素性を探ろうと決意。サキが育った土地を訪れた隼人は、自分に語っていた話とは全く異なる、サキの思いもよらぬ過去を知る。
 一方、須藤(高嶋政伸)の妻・恵(富田靖子)は、息子が思いを寄せるサキが10歳も年上であることを気にかけ、サキの本心を確かめようと病院を訪れる。ところが、サキが語り始めた年の差恋愛の話は恵自身の過去と酷似しており、恵はサキが自分たち夫婦の過去を知っているのではと疑心暗鬼に陥る。
  そんな中、須藤家に招待され泊まることになったサキは、深夜、須藤と2人きりになると、「母は5人の男に殺された」と告白。須藤は、そんなサキに不気味さを感じ始める。
一方、直美(内田有紀)と岩城(石黒英雄)は、殴打事件を起こした本田(岡田義徳)同様、自殺したIT企業社長の中川(姜暢雄)にも、女の影があったことを知る。再び本田の元同僚・道子(伊藤麻実子)のもとを訪れた2人は、道子のある一言から、本田と中川の前に現れた女性が同一人物なのではと思い至って…。


須藤に対する復讐はこってますね(笑)
須藤本人だけでなく妻を疑心暗鬼にさせるとは。


須藤の妻には自分を信頼させるようにさせ
須藤には母が5人の男が殺されたと告げて不安にさせる。
こうやって不和の種を撒いて家庭を破滅させる作戦でしょうか。

実の姉弟でないと告げられた隼人は、サキの過去の実態を調べていくことに。
母の死があるまでは、サキは家族の愛に飢えた寂しいひとだった。
そしてやはり姉だったと確信。


直美は、本田と中川にスイッチを入れたのが同一の看護師の女だとたどり着く。
サキと別の意味で天才ですね。
悪魔的な復讐者と真実の探求者、二人の女どちらの頭脳が勝つかも面白い(笑)
サキの犯行を止めることができるか…?