映画「相棒シリーズ X DAY」よりサイバー犯罪対策課の岩月彬(田中圭)が登場。
Facegoodって微妙に名前の違う交流サイトを扱ったエピソード。
SNSを使った国際詐欺って実際も多いらしいので注意ですね~。
右京さんにかかるとSNSも捜査に関する興味対象になるね(笑)


(あらすじ)独身で無職の男性・尾藤(桜木信介)の他殺体が発見された。尾藤は財布とは別に「東京明和銀行」の封筒に入った現金100万円を所持。なぜ、そんな大金を持っていたのか?犯人の目的は金ではなさそうだが…。
 尾藤がネットの交流サイトFacegoodで複数の携帯電話を使い、「ビリー・ヘンリー」などの名前で複数の外国人になりすましていたことがわかった。その相手である「フレンドリスト」は非表示になっており、見るにはIDとパスワードが必要だ。
 右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)らの指摘を受けた伊丹(川原和久)は、2012年初夏に起きた東京明和銀行員殺害事件を通して知り合ったサイバー犯罪対策課の岩月(田中圭)にID、パスワードの解析を依頼する。が、岩月と、同じサイバー犯罪捜査課の亜紀(関めぐみ)は、WABC(ワシントン・アトランタ・バンク)の偽公式HPの件で忙しいと、いい顔をしない。とはいえ、そんな言い訳が通用する伊丹ではない。しかも相手は“勝手知ったる”岩月だ。半ば脅迫まがいに岩月に仕事を押し付ける。
 殺害された尾藤とフレンドリストに入っていた人物たちの関係は? 伊丹とともに巨悪に挑んだサイバー犯罪対策課の岩月が、今回は右京、享らと複雑に絡み合った“サイバー事件”の謎に挑む。


岩月は伊丹と事件を解決したので、伊丹には信頼を置いてるのですね。
ちょっと面白い。 どんな活躍をしたのでしょうね。


右京がなんとなく頼んだような動画に事件を解決する手がかりが合った。
さすが右京さんというか、目の付け所が違いますね。

詐欺に映像を使われたビリーが、正当防衛で尾藤を殺したとは…意外な真相です。
尾藤はまったく自業自得な死ですね。


現実では、日本のサイバー犯罪対策っていまいち無能ってイメージですが
実際どれくらいスキルがあるのでしょうかね。
この先もネットがらみの犯罪も増えそうだし、岩月の出番もまたありそうかな。