運命の分岐点というものがある。
幕末の流れの中で池田屋事件というものも大きな分岐点。
事件を起こした新撰組にとっては名を挙げることになるが
そのせいで会津は長州からの恨みを買い、後の悲運となっていく…。
  
(あらすじ)八重(綾瀬はるか)の親友・時尾(貫地谷しほり)が、照姫(稲森いずみ)の右筆として城に上がることになり、残された八重には縁談が持ち込まれるようになる。八重は尚之助(長谷川博己)とともに新式洋銃の開発に明け暮れ、2人の間には同志を越えた感情が芽生え始めていた。
そのころ、都では新選組の暴発により池田屋事件が勃発。会津にいる頼母(西田敏行)は、会津を守るためには兵力を増すしかないと考え、官兵衛(中村獅童)に京に行くよう命じる。京周辺に挙兵した長州に萎縮した慶喜(小泉孝太郎)は、容保(綾野剛)に、その責任を転嫁する。

覚馬を訪ねて来た象山は、他藩の者でも洋学所に受けいれる容保に関心。
日本を内乱にしないために、朝廷に開国を説かせるように説得。


体調を崩した容保は守護職を辞任したい意向を示すが
長州の者が京に潜伏してる情報を得た慶喜は、それは困ると。
共に命を捨てる覚悟で都をお守ろうとまで言います。

しかし、新撰組の暴発による池田屋事件が起きて事態は一変。

実際に取り締まりの最前線の新撰組にとっては先制攻撃が最善の選択。
だがそのことが長州の大規模介入の原因となり
会津にとっては致命的な大失策となる。


慶喜は手の平を返し、長州との戦いは会津のものと。
役人はこれですからね。いつの時代も二枚舌ですよねー

池田屋事件の失策で秋月は公用を外され
他藩との関係もとれなくなる心配が…現在でいえば外交ルートが崩壊ってことですね。


象山も会津は敵を作りすぎたと距離を置く。
何かをなすまでは死なないと潔いですが、もっと安全には気を配った方がいいのにね。

尚之助は苦境の会津のために鉄砲の製作に励むが、取り上げてもらえない。
悔しがる尚之助を八重が諭す。
会津は頑固だから認められるまで諦めてはいけない。


八重と尚之助の関係が深まってきましたね!

箱館の外国人居留地から密出国する男が…。
上州安中藩士、後の名を新島 襄。 オダギリジョー登場ですね(笑)

じわじわと進んで物語も進んできましたね。
張ってきた伏線がこの後どう生きるか楽しみです。